mnp

ソフトバンクからSIMロック解除してmineoにMNPする方法

更新日:

 

ソフトバンクからmineoに乗換えるために必要な、MNP予約番号のとり方を解説と、『乗換方法が分からない』『どうやってMNPするの?』そんな時の方法を紹介します。

乗り換える時に電話番号が変わっても問題ない方は、MNP予約番号を取らずに申し込みだけすれば問題ありません。

 

ソフトバンクからmineoへMNPするための手順

 

ここではmieoへMNP(電話番号をそのままmineoで使うための手続き)で乗換えるための大まかな流れを紹介します。

  • ソフトバンクで購入したスマホは必ずSIMロックを解除する
  • エントリーパッケージを購入する
  • 損をしないためにソフトバンクの契約を見直す
  • ソフトバンクからMNP予約番号を発行してもらう
  • mineoに申し込みをする
  • mineoからSIMカードが届く
  • mineo回線に接続して開通

 

SIMロック解除の作業について。

2017年8月1日以降に発売されるスマホは、格安SIMへのSIMロックを原則しないとする総務省のガイドラインも発表されているので、今後は必要無い作業になります。

ソフトバンクからmineoへ乗り換える場合には、スマホのSIMロックを解除する必要があります。

このページを書いている時点では必要な作業なので、しっかりと確認しながらSIMロックを解除してください。

 

ソフトバンクのいPhoneをmineoで利用する方法

 

現在は、ソフトバンクのスマホをmineoで利用するには『SIMロック解除』をしないと使えません。

今回は『SIMロックの解除』と『MNPの方法』と注意点を紹介します。

 

ソフトバンク携帯のSIMロック解除手続き

ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除する詳しい方法は下記ページを参考にしてください。

ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除してmineoで使えるようにする方法

用意するもの

  • ソフトバンクで2015年5月以降に購入したiPhone(Android含む)
  • ソフトバンクiPhoneのSIMロック解除は購入日から180日以上経過しているもの
  • ソフトバンクを解約済みの場合には90日以内に手続きしないとロックを解除出来ない。
  • 『遠隔ロックアプリ』や『iPhoneを探す』を設定している場合は、設定を解除しておく。
  • 『ネットワーク利用制限』になっているスマホはSIMロック解除出来ない。
  • iPhoneのデータが消えてしまう可能性があるので、バックアップを取る

iPhoneの連絡帳などネットにバックアップする方法

リンク先のページはデータ移行に関するページですが、連絡帳などの大事なデータを保管(バックアップ)する方法でもあるので、パソコンが無くてどうしてもバックアップを取れない方は、下記の方法を参考にしてください。

関連ページ:スマホからスマホへ最もカンタンにバックアップやデータを移行する方法

関連ページ:これで安心して乗り換えられる!iPhoneの電話帳をAndroidに移す方法

ネットワーク利用制限についてはココをクリック

ネットワーク利用制限とは

ネットワーク利用制限スマホとは、スマホを一括購入以外で買った場合に支払中であれば▲表示になり、使用する時は注意が必要です。
また、判定が✕の場合にはネットワーク制限が適用されているスマホで、インターネットが出来なくなっています。
中古のスマホを買う場合には、ネットワーク制限の有無をキャリアのホームページから確認するようにしてください。
ソフトバンクのネットワーク利用制限確認サイト
※ネットワーク利用制限スマホは盗品の可能性があるため使用を控えてください。

SIMロック解除料金

  • My SoftBankでSIMロックの解除を行う場合には無料
  • ソフトバンクショップ窓口でのSIMロック解除は手数料3,000円

My SoftBankはこちら

万が一SIMロック解除しないまま解約してしまった場合

SIMロックを解除しないでソフトバンクを解約したり、MNPで乗り換えてしまった場合には、すぐにソフトバンクショップの窓口でSIMロック解除手続きをしください。

手順にしたがって操作すれば、iPhoneからSIMロックを解除できます。

まずはソフトバンクショップに行ってSIMロック解除キーを教えてもらってから、下記のリンクの通りにすれば解除が出来ます。

手続き後に機種本体SIMロック解除する方法

 

損をしないようにエントリーパケージを購入しておく

エントリーパックを購入してエントリーコードを使って申し込みをすることで、通常は3,000円かかる事務手数料が909円で済んでしまいます。

ぜひエントリーパッケージを購入してから申し込みをするようにしてください。

おすすめはAmazonで購入

エントリーパッケージは店頭で購入すると3,000円+消費税が購入金額になりますが、amazonで購入すると909円で購入出来てしまいます。

ただしamazonは現在2,000円以下の購入ではプライム会員以外は送料がかかるので、なにかのついで買いかamazonでよく買い物をするならプライム会員に加入した上での購入をおすすめしています。

 

ソフトバンクの契約を見直しておく

現在のプランがスマ放題/スマ放題ライトの方は解約時に日割り計算されなくなってしまうので、プランの変更が必要ですが、ホワイトプランは日割り計算あり・なしに別れるので注意が必要です。

もしも面倒ならMNP予約番号を取り、mineoへの切り替えが月末付近になるように調整をして無駄を省きましょう。

関連ページ:mineoに乗り換えるタイミングは?損をしない日を逆算!!

ソフトバンクのパケットプランを変更する方法

スマ放題/スマ放題ライトの方はホワイトプランに変更してから

スマ放題/スマ放題ライトの方は解約時に日割り計算されなくなってしまうので、日割り計算があるホワイトプランへの変更した上で下記プラン変更をすることでパケットプランの日割り計算での支払いが可能になります。

手続きは電話かソフトバンクショップのみとなっているので、Webで探しても無駄ですw

スマ放題/スマ放題ライト→ホワイトプラン→パケットプランを2段階料金に変更

これでパケット料金が満額請求されるのを防ぎます。

ホワイトプランの方はパケットプランを変更すれば日割り計算される

なぜプランを見直すかと言うと、ソフトバンクではパケットし放題フラット for 4G LTEだと解約時にパケットプランの日割り計算がされないので、解約時に満額の5,700円が請求されてしまいます。

そこでパケットプランをパケットし放題 for 4G LTE(2段階料金プラン)へ切り替えておくことで解約時にパケットプランの請求が日割り計算になります。

注意点としてはパケットし放題フラットから2段階性料金プランへの変更は、電話か店舗でしか出来ないので、MNP予約番号を取るタイミングで行ってもいいかもしれません。

ソフトバンクの締日を確認

 

このプラン変更後の解約にも罠があって、プラン変更した締日翌日、つまり1日・11日・21日に解約をするとプラン変更が適用されなくなってしまうので、締日の翌々日以降に解約するのが望ましいです。

締日の確認方法

赤枠で囲んだ部分の文言に注意していただいて、対応表を確認してください。

(例)11月から12月(1ヵ月間)ご利用分の場合

ご請求締日 ご利用期間 支払日
毎月月末 11月1日~11月30日 12月26日
毎月10日 11月11日~12月10日 1月6日
毎月20日 11月21日~12月20日 1月16日

ソフトバンクの締日はこのように3種類に分かれているので、自分の締日を確認して賢くMNPしましょう。

オプションプランを解約

ソフトバンクでパケットし放題フラットに加入していると、ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えるオプションが強制加入になっているので、解約しておかないと2段階料金にプラン変更した際に月額料金が発生してしまうので、解約をしておいてください。

ただソフトバンクWi-Fiの料金は467円ですから、そのあたりを許容できるのであれば無理に解約をしなくても良いかもしれませんね。

mineoにMNPするためにMNP予約番号をもらう

 

MNP予約番号は、ネットと電話、ソフトバンクショップ窓口で発行してもらえますが、経験上窓口で発行してもらうと引き止め作戦がすごいし、せっかく発行してもらったMNP予約番号を忘れてしまったらなんにもなりません。

受付窓口 受付時間 備考
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口 午前9時から午後8時 ソフトバンク携帯電話から *5533
フリーコール 0800-100-5533(無料)

  • 電話番号はお間違いのないようおかけください。
My SoftBank
(3G ケータイ版のみ)
午前9時から午後9時30分 iPhone、スマートフォン、4G ケータイ、AQUOS ケータイではお申し込みいただけません。
ソフトバンクショップ 各店の営業時間 シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)のお客さまがMNP予約番号を取得するには、ソフトバンクショップでMNP予約を申し込む必要があります。

※ソフトバンクのMNP取得窓口一覧

ネットでの手続きは、3Gケータイからしか手続き出来ないから、基本的には電話をオススメしています。

しかし、オペレーターにつながるまでに結構時間がかかりますし、なんとか転出を引き止めたいオペレーターの引き止め作戦が中々に手強いんです。

それでもソフトバンクショップに行って聞くよりも、電話で聞いてしまうのが1番早手っ取り早いですねw

MY ソフトバンクでMNP予約番号をもらう手順

MY SoftBankにログインしてください。

その後

「設定・申込」→「設定・変更」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」→「番号ポータビリテリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」から申し込みます。

※注意事項

  • 家族割に入っている場合には、MNP予約番号を取得時点で家族割のキャンセル予約が入ってしまいます。もしMNP転出やめた場合にはキャンセルをしないと、家族割が継続しなくなってしまいます。
  • MNP予約番号には有効期限があり、15日間が経過すると自動的にキャンセルされてしまいます。もし他社に乗換える場合には、MVNOで格安SIMを契約する当日のMNP予約番号発行がオススメです。

MNP予約番号キャンセルの注意点

 

 

 

mineoに乗り換え(MNP)する時に必要な費用

ソフトバンク mineo
転出費用 3,000円 事務手数料(SIM代) 3,000円
違約金(更新月は不要) 9,500円 端末代 (一括 or 分割) 必要な方のみ
月賦支払い途中の端末代 必要な方のみ

ソフトバンクの契約解除料はプランによって変わるので、詳しくは下記ページを参考になさってください。

mineoにmnpする時のスマホの分割代金と違約金のまとめ

 

MNP予約番号を使ってmineoに申し込む

3ヶ月間800円の割引申し込みキャンペーン中に乗り換えるのが、最もお得感があります。

  • MNP予約番号の有効期間は15日間
  • mineoへ申し込む時はMNP予約番号の有効期間が10日以上残っている状態で

mineoへ申し込む直前(前日か当日が望ましい)に予約番号を取り、mineoのホームページに行って『MNP転入での申込み』をしてください。

※MNPでmineoへ申し込みをする時は、MNP予約番号の有効期限が10日以上ある状態で申し込みをするようにしてください。

このMNP転入で申し込まないと、電話番号が変わってしまいますから確実にMNPでの転入手続をしてくださいね。

 

 

エントリーパッケージでの申込方法は、1番右側の『エントリーパッケージをお持ちのお客様』となっている部分をチェックして次へ進まないと事務手数料の3,000円がかかってしまうので、注意してください。

また、キャンペーンや紹介などでエントリーコードを持っている方は、真ん中の『エントリーコードをお持ちのお客様』と書かれた部分にチェックをいれてから進んでください。

 

申込み手続きの途中でMNPで転入するかどうかを聞かれますから、『MNPで転入』を選んでMNP予約番号と携帯番号、さらに何月何日までMNP入力してください予約番号が有効化を入力して、申込みをします。

この手順道理にやっていけば、今使っている電話番号そのままに他社へ乗換が出来てしまいます。

mineoのおすすめプラン

プラン ドコモプラン(Dプラン)
タイプ デュアルタイプ(音声通話+データ)
コース 3GBプラン
おすすめスマホ ZenFone3

なぜスマホと同時購入をオススメするかと言うと、mineoでスマホを購入すると面倒な回線接続手続き(インターネットに接続するための設定)をしなくてもmineoのSIMカードを挿すだけで使えるようになるからです。

申し込みの時に本人確認書類のアップロード方法がわからないという知人のオファーを受けて書きましたので、こちらのページも確認してみてください。

 

mineoからSIMカードが届く

mineoからSIMカードが届いたらいよいよスマホにAPNの設定をして、SIMカードを挿してパソコンで回線の切り替え手続きをしたら完了です。

 

mineo回線に接続して開通

 

回線切替の手続きをしたらついにmineoへ申し込み完了です。

これでキャリアの高いスマホ代とおさらば出来ました。

 このページの URLをコピーする

-mnp
-, , ,

Copyright© SIM×SimFree , 2018 All Rights Reserved.

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow