スマホ情報

DSDSの格安スマホで2台を1台にできる!?データ専用SIMでスマホを節約

更新日:

 

スマホ代を安く抑えるためにも格安SIMを検討している方は多いのではないでしょうか?

そうです!たった今検索して調べている通り、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)のスマホを使うことで、2台持ちや、格安SIMの通話料に悩まされなくて済むんです。

こういったスマホはDSDSやDSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)といい、今まであったDSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)とは違い、2枚のSIMカードが同時に動くため、1台のスマホだけでキャリアのかけ放題と格安SIMのデータ通信を使うことが出来るんです。

ただ注意したいのがDSDAのスマホはいっけんすると良さそうなんですが、2枚のSIMを日本では同時に使うことが出来ませんから、2台持ちから1台のスマホに乗り換えようとした場合にはDSDSのスマホを使わないといけません。

2台もちから移行する場合や、格安SIMでは通話料が心配。。。となったら、『デュアルSIMデュアルスタンバイ』のスマホにしましょう。

カケホ+格安SIMの料金を比較

 

  • ドコモのカケホーダイ、auのカケホ共に、2,200円
  • mineo(格安SIM)のデータ専用SIMが900円(3GBプラン)

2枚のSIMカードを1台のDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)のスマホに入れて使えば、キャリアのカケホーダイと、格安SIMのデータ専用プランで、本当の意味での格安スマホが手にはいります。

キャリアのカケホーダイプランに注意

スマホプランのカケホーダイは2,700円ですが、ガラケーのかけ放題プランなら2,200円で、この契約を使います。

なぜ、カケホーダイライト(ケータイ)の1,200円のプランにしないかと言うと、このプランはパケットパックが必須になっているため、かえって割高になります。

DSDSで使うキャリアSIMは、ガラケー(ケータイ)の電話かけ放題のプランを使う。

ガラケーとスマホの2台持ちを1台に纏められる

DSDSのスマホを使うことで、今まで2台持ちで使っていたガラケーとスマホを1台ですますことが出来るようになります。

具体的には、ZenFone3などのDSDSスマホと呼ばれるスマホに、キャリアのカケホーダイを契約したSIMカードと、mineoなどで契約できる格安SIMカードを入れて使うことで、通話とネット通信を完全にわけることで、2台のケータイを1台のスマホに集約できるのがポイントなんです。

どの程度スマホの料金が変わるかというと。。。

ドコモでは。。。

カケホーダイ2,700円+データMパック5,000円+SPモード300円=8,000円

同じプランをドコモ+mineoにすると。。。

カケホーダイ2,200円+mineo5GBプラン1,580円=4,280円

どうですか?この金額で通話はドコモ、ネットはmineoで5GBまで使えちゃう。差額は4,720円で、この差額なら同じプランで2人分契約できるから、夫婦で乗り換えるのもありかもしれませんね。

mineoでセット購入できるオススメのスマホはASUS ZenFone3かHUAWEI novaですが、両方共ミドルレンジのスマホだから、買ってから動きが悪いとかもないですし、両方共DSDSの最新スマホだから、iPhoneやAndroidから乗り換えるのにも、ちょうどいいと思います。

スマホからスマホへ最もカンタンにデータを移行する方法

さらにデータ通信専用SIMカードは、MNPで乗り換えるのとは違い、申し込みの時にも本人確認を必要としないため、気軽に申し込めます。

もしも格安SIMの速度が気に入らなければ、mineoなら解約料金もかかりませんから、安心して試すことができるのもオススメポイントのひとつだったりします。

ドコモのプランはデータパックの解除料が1ヶ月まるごとかかりますから、月の中頃にmineoへ申し込んでおいて、月末にmineoを開通させてからドコモのデータパックを解約するば、ネット回線の乗り換えは上手くいくと思います。

コレで気に入ったら、本格的に格安SIMへと乗り換えれば良いと思いますよ?

 

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)とは

 

上記した通り、DSDSとはデュアルSIMデュアルスタンバイの略で、ドコモなどのキャリアSIMでカケホーダイを契約し、mineoなどのLTE高速データ通信専用の激安なSIMをさして使えば、今までは2台持ちしかできなかったスマホの激安運用ができるようになるんです。

なぜキャリアのカケホーダイを使うかというと、格安SIMには090の携帯番号で無制限でのかけ放題プランはありません。

 

しかし、キャリアのデータ通信プランは高額です。

 

そこで2枚のSIMカードをそれぞれ、

キャリアのカケホーダイと格安SIMのデータ通信プラン、電話とネットをそれぞれ得意な会社と契約しよう、というのが今回のおすすめプランなんです。

 

2枚のSIMカードを同時待ち受けできる

 

DSDSのスマホでは、通話用とデータ通信用のSIMカードを同時に待ち受けできるんです。

『今までも2枚SIMカードがささるスマホってあったでしょ?』

と思った方は少し間違っています。

今まであったのはDSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)と言って、2枚のSIMカードは挿さるのですが、電話とネットを自分で切り替えないと使えません。

しかも、切り替えたら片方のSIMカードしか待ち受け出来ないから、ネットで調べ物をしている時には電話の待ち受けができません。

しかし、DSDSならスマホが自動で切り替えてくれるし、ネットをしている最中でも電話の待ち受けができるから、2台持ちと同じような環境で使うことができます。

 

DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)とは

 

DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)のスマホは、2枚のSIMカードが両方共使える状態になっている機種のことです。

例えば、ネットで調べ物をしながら、もう一枚のSIMカードで電話を受信できるし、その逆もできます。

しかし、日本国内で販売している機種は、デュアルアクティブに対応したスマホはありません。

mineoでオススメのDSDSのスマホはコレだ

 

最高峰のDSDSハイエンドモデル

 

ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)

 

 

安心して使えるミドルレンジモデル

3万円台~4万円台くらいで購入できる、ミドルレンジのDSDSスマホなら、一昔前のハイスペックスマホ同等の性能があるので、『格安スマホはちょっと不安。。。』といった方にもオススメできます。

せっかく格安SIMのmineoへ乗り換えるなら、高いスマホで贅沢するのではなく、スマホ本体も節約してみませんか?

ZenFone 3 (ZE520KL)

DSDSスマホのZenfone3(ZE520KL)がmineoでセット販売開始!

HUAWEI NOVA

【DSDSスマホ】デザインが美しい『HUAWEI nova』の評価とスペック【mineo端末】

試すのに持って来いの格安スマホ

g07+(ジーナナマルプラス)は、g07の後継機で、g07がau回線ではVoLTEしか対応していなかったところを、g07+ではauのCDMA2000(3G回線)にも対応したので、auのカケホ+mineoデータSIMでのDSDSが使えるようになたったのが、最大のアップデートになります。

ただそこは格安スマホ、多少カクついたり重たいゲームなどは厳しいですが、TwitterやInstagram、LINEなどは十分許容範囲で使えます。

auカケホ(ガラケー)に対応したことで、一気に注目を集める機種となりました。

gooスマホのg07+

格安スマホのg07+を使えばauカケホのプランでもDSDS機能が使える

 

どのプランと組み合わせるとスマホ代を安く出来るのか比較していきましょう

 

こうなってくると2台持ちの方も気になってくるでしょう。

 

1台のデュアルスタンバイスマホで済ませる場合の基本プランを紹介していきます。

例としてはドコモのプランで勧めていきます。

しかし、全員がキャリアのカケホーダイまでは必要なく、ドコモのカケホーダイライトのように5分程度のかけ放題で問題ないのであれば、下記ページに格安SIMのかけ放題をまとめたので、見てみてください。

関連:カケホーダイがある格安SIMをタイプ別におすすめと比較をするよっ!【かけ放題】

 

ドコモのかけ放題と格安SIMでのプラン検討

 

カケホーダイ2,200円+SPモード300円+mineoの3GBプラン900円=3,400円

いかがですか?通話し放題でパケットが3GB使えてこの価格です。

5GBのプランにしてもパケット代だけで4,580円

ドコモのカケホーダイ+5GBは約8,600円なので、約4,000円も安くなってしまうんです。

そこで考えるのがカケホーダイライトとの比較になるんですが、残念ながらカケホーダイはデータプランに加入しなくても使えますが、カケホーダイライトに関してはデータプランへの加入が絶対条件になっています。

だから1台のスマホで済ませようと思ったらカケホーダイで使うことが前提になってきます。

もう少し安くしようと思ったら、やはり格安SIMのに完全乗り換えする時と同じように、キャリアメールを捨ててGmailなどに乗り換えた後SPモードを解約すれば、ドコモに支払う料金が2,200円となって、300円ですが節約することが出来ます。

たかが300円と思うでしょうが、1年間合計すると3,600円になるのでばかにできませんよね。

これでしばらく使ってみて、もしも通話をあまりしないと思ったらいっそのことキャリアからMNPしちゃえばいいんですよ?

そうしたらわたしのように毎日帰るコールをしても3,500円位ですんでしまいます。

最近では格安SIMのも低価格で5分かけ放題などのプランが出てきてますから、プラス850円くらいなので心配なかたは付けておいた方が良いかもしれませんね。

mineoの音声通話プランは30分/60分かけ放題プランになっていますが、3月の1日から5分かけ放題プランがはじまるので個人的にはこちらの方がオススメになっています。

いかがでしょうか?もしもDSDSスマホに興味があるなら、こちらの記事もオススメですよ。

関連:格安スマホのgo7でDSDS生活を始めよう:格安スマホとキャリアで快適スマホライフ

 

 このページの URLをコピーする

-スマホ情報
-, , , , ,

Copyright© SIM×SimFree , 2017 All Rights Reserved.

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow