お得情報

今使っているiPhone6sをdocomoを解約してmineoに乗換えたら安くなるのか

更新日:

iPhone6sに去年乗り換えたばかりでまだ2年縛りがあるから乗換えられないと思っているそこのあなた、間違っていますよ。

違約金を払ってでも乗換えたほうが実は『オトクなんです』

docomoの月々サポートも今や実質0円でのサポートが出来なくなっていますから、2GBのプランでも毎月8,100円の計算になっています。

毎月8,100円も払っているなら、さっさとMNPして格安SIMに乗り換えてしまえばスマホ代を節約できます。

mineoに乗換えるとどれだけ安くなるの?

docomoのプランにもよりますが、いろんなプランがあるのでそれぞれのプランに合った乗り換え先で計算していこうと思います。

iPhoneを使いはじめて1年の計算で見てみましょう。

まずはmineoのプランを見てみましょう。

mineo-d-plan

mineoはdocomoの回線のDプランとau回線を使ったAプランがありますが、今回はdocomoとの比較なのでDプランで解説していきます。

シングルタイプとデュアルタイプがありますが、MNPするなら音声通話がついたデュアルタイプでの契約となります。

docomoのプランが2GBの場合

現在のdocomoでのプランが2GBで十分なのであれば、mineoにはフリータンクと言って毎月1GBのデータ通信のパケットをもらえるサービスがあるので、1GBのプランで良いかと思います。

docomoの2GBプランの支払い:月々8,100円(iPhone6s代を含む)

mineoの1GBプランでの支払い:月々1,500円+docomo解約後の分割代金約3,650円=5,150円

この時点でiPhone6sの分割払いの代金をたしてもmineoの方が安くなってしまいます。

ただ、mineoではdocomoのようなかけホーダイはありませんから、この料金に通話代が加算される形になります。

そしてdocomoの違約金が9,500円ですから4ヶ月めからmineoに乗換えたほうがお得な計算になります。

もしdocomoの利用期間が10年を超えている場合には、この違約金が3,000円ですみますから2ヶ月目からお得になってしまいます。

心配なのが通話料

ドコモのプランは電話カケホーダイのプランだから、電話代が気になると思います。

携帯電話から電話をかけると通常は30秒で20円かかります。

その20円/30秒がさっきのmineoのプラン料金1,500円に乗っかる感じになってきます。

そう考えると『もし電話をしすぎたら...』なんて考えると思いますが、今はMVNOの格安SIMでもアプリを使えばいきなり半額の10円/30秒になり、さらにmineoであれば定額料金840円を払えば毎月30分無料通話がついてくるんです。

もし『30分だと心配...』といいた場合には、月々1,680円で60分の無料通話がついてきます。

毎月60分の無料通話があれば、大体の人は無料通話分で足りてしまいます。

さっきのプラン1,500円に60分の無料通話1,680円を足しても3,180円で、ドコモの話し放題でデータが2GBのプラン8,100の半額以下です。

かりにiPhone6sの支払いが残っていても、MNPする時にオペレーターに伝えておけば、一括ではなく月々の返済に出来ますから、3,180円に分割台3,650円を足しても6,830円で、ドコモのプランより安いです。

ドコモはiPhoneの支払いが終わっても、月々の支払いはほとんど代わりませんが、mineoにすれば支払いが終わったら60分の無料通話をつけても3,180円になりますから、スマホ代を節約するならMVNOが1番だと思います。

もしmaineoが気になるなら、『maineoの魅力』を紹介しているので、ぜひみてください。

 このページの URLをコピーする

-お得情報
-, , , ,

Copyright© SIM×SimFree , 2018 All Rights Reserved.

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow