各社比較

FREETELの魅力

更新日:

FREETELは格安SIMなしでを扱っているMVNOのひとつで、MVNOの中ではすでに大手の部類に入るのではないでしょうか。

格安SIMを取り扱っているMVNO各社は、差別化を計るためにどんどん独自サービスを展開しています。

しかし、各社独自サービスを展開しつつも、やっぱり『隣の芝は青い』ものです。似たり寄ったりなサービスが多いのですが、少しづつ違うから初心者にとっては正直迷うところだと思います。

FREETELの強みは段階制の『安心プラン』と普通の『定額プラン』が揃っていることです。

しかもデータ通信量の標準容量に幅があるから、自分にあったプランを選びやすいのも特徴の1つです。

  • 安心プランは使った分だけ料金が上がっていく、むかしの従量制に近い感じになっています。
  • 定額プランはなんと50GBまであるので、かなりハードに使う人でも満足できるプランになっています。
  • 『かえホーダイ』というプランは、なんと半年に一度スマホを新品に出来てしまいます。

50GBもの大容量通信を受け止められるのは、イオンモバイルとFREETELくらいです。

FREETELの一押しに『かえホーダイ』というオプションプランがあって、半年に一度スマホ本体がたとえ破損していても(利用期間が1年以上経過している場合)新品と交換してくれます。

しかも『かえホーダイ』をつづけるかぎり一生交換しつづけてくれます。

どうです?少し興味が出てきましたか?

それではFREETELを紹介していきます。

freetel-logo

なんといってもサポート体制がすばらしい

FREETELで一番気に入ったのが『サポートチャット』の便利さ。

FREETEL公式サイトにアクセスすると、チャットサポートをしている時間であれば、ブラウザの右下にかわいいオネェさんが『チャット受付中』と言っているので、そこをクリックするとチャットサポートの開始です。

チャットに参加したあと、サポート担当の状況や、担当者が対応可能かどうかなど必要な情報がちくいち反映されるし、入力中も相手が書いているのが分かるので、いちいちイライラしなくて済みます。

また、サポートに関しても的確な回答が帰ってくるし、最後にきちんとサポートの評価として入力出来るので、サポートに対してのフィードバックがしっかりしているから、利用者の満足度は高いと思います。

もし疑問点があったら、待ち時間もネットサーフィンで暇つぶしできるので、サポートチャットはオススメです。

アプリのデータ通信量が無料に

sns-free

アプリやSNSのデータ通信が無料になる。

 
アプリ 使った分だけ安心プラン 定額プラン
 app-store-icon_200x200
 line_icon
 wechat-icon
 whatsapp-icon
 pokemon-go-icon-thum-200x200
 twitter (定額プラン3GB以上)
 facebook (定額プラン3GB以上)
facebook_messenger (定額プラン3GB以上)
 instagram-200 (定額プラン5GB以上)

上記の表のように、プランによってデータ通信が無料になるアプリがあって、定額プランの5GB以上が最もお得ですが、5GB以上使わない方やそもそもinstagramを使わない場合は、せっかく格安SIMをを選ぶんだから、むだは省きましょう。

各プランの紹介

FREETELには、大きく分けてプランが3つあり、使った分だけ安心プランという段階料金制のプラント、他社と同じ定額制プランがあります。

また特殊なプラントして『かえホーダイ』という、スマホの無料機種変更まで付いたプランがあるんです。

この『かえホーダイ』は、スマホ代。データ通信費・無料通話までついて、さらに6ヶ月に一度機種変し放題で、スマホの残債もかえホーダイで契約していれば、免除になってしまいます。

この項ではプランを一覧表で掲載します。

使った分だけ安心プラン

種類 データ専用 データ+SMS データ+SMS+音声通話
~100MB ¥299 ¥439 ¥999
~1GB ¥499 ¥639 ¥1,199
~3GB ¥900 ¥1,040 ¥1,600
~5GB ¥1,520 ¥1,660 ¥2,220
~8GB ¥2,140 ¥2,280 ¥2,840
~10GB ¥2,470 ¥2,610 ¥3,170
~15GB ¥3,680 ¥3,820 ¥4,380
~20GB ¥4,870 ¥5,010 ¥5,570

使った分だけ安心プランは、使った分だけ段階的に料金が変わっていくプランで、まるっきり使わなかったら¥299で済んでしまいます。

また、FREETELのアプリから節約モードに切り替えておいて、Wi-Fiしか使わなければやっぱり¥299だし、使いようによっては面白いプランだと思います。

他社にもある段階プランですが、ここまでの大容量を標準対応しているMVNOはそう多くはありません。

また、料金体が通信量によって自動でスライドしていくから、データ通信を使う月と使わない月の差がはげしい人向きのプランになっています。

定額プラン

種類 データ専用 データ+SMS データ+SMS+音声通話
1GB ¥499 ¥639 ¥1,199
3GB ¥900 ¥1,040 ¥1,600
5GB ¥1,520 ¥1,660 ¥2,220
8GB ¥2,140 ¥2,280 ¥2,840
10GB ¥2,470 ¥2,610 ¥3,170
15GB ¥3,680 ¥3,820 ¥4,380
20GB ¥4,870 ¥5,010 ¥5,570
30GB ¥6,980 ¥7,120 ¥7,680
40GB ¥9,400 ¥9,540 ¥10,100
50GB ¥11,800 ¥11,940 ¥12,500

普通の使い方をしていたら、大体は3GBあれば問題ないし、多くても5GB程度で済むはずです。

わたしが使っていて、『今月は結構使ったなぁ~』と思ってデータ通信料を見てみると、大体3GB以内で済んでいますし、外で多少動画をみて使いすぎた時でも5GB以内にはおさまります。

定額制プラン特徴

data-kurikosi

定額制のプランでは、データ通信量があまっていれば翌月に繰り越せるので、『来月旅行に行くから、今月はネットを少し節約しよう』なんてかしこく使いたいところです。

また、翌月繰越かのうな『データ追加チャージ』もありますが、0.5GBで500円もしますから、よっぽどのことがない限りは追加をせずに使いましょう。

もし心配なら、データ通信量が多いプランを選択しておいても、docomoなどの3大キャリアよりは確実に安いです。

『かえホーダイ』プラン

FREETELの売りである『かえホーダイ』は、そのままスマホを新品に取替えホーダイなんです。

今までキャリアで使っていた時は、端末をローンで購入しているイメージでしたが、この『かえホーダイ』は月額料金で『このスマホだったらいくら』みたいな感じで、どちらかと言うと『スマホのリース』の方がイメージしやすいかも?

かえホーダイのイメージ

kaeho-dai-img

スマホをリースしている感じだから、最新機種がいつ出ても乗り換えしやすいし、なんといっても2年縛りだとかローンという概念ではなく、月々のスマホリース代と月額使用料を払っているイメージで使えるのが便利そう。

さらに『かえホーダイ』のプランはスマホをかえホーダイなのに、毎月の支払いは3大キャリアより安い....

つねに新しいスマホを使いたいひとや、スマホ購入で悩んじゃうひとには最適プランかもしれません。

ただ1つ注意しておきたいのが、あくまでもFREETEL公式ショップで取扱のあるスマホ限定のプランなので、『どんなスマホでも』というわけではありません。

コース 月額料金 データ通信料 無料通話
XSコース ¥3,290 1GB 15分
Sコース ¥3,690 3GB 30分
Mコース ¥4,290 5GB 60分
Lコース ¥5,240 10GB 60分
XLコース ¥7,640 20GB 60分

※MIYABIかえホーダイプランの料金表です。端末により料金が変動します。

現在216/11/20までキャンペーンを行っていて、キャンペーン期間中はなんと『¥1,500引き』になっています。

サポートに問い合わせたところ、このキャンペーンを定期的に行うかどうかは未定のようです。

FREETEL公式アプリ

どこのMVNOにもありますが、FREETEL独自で発表しているアプリを紹介しておきます。

FREETELアプリでいつでも確認

FREETELは、アプリを使って現在の使用料や節約モードの切り替えができます。

以前はサイトのマイページからしか出来なくて、外出時に節約モードを切ろうと思っても通信制限でイライラしましたが、アプリになって動作が軽いから以前よりはだいぶ楽になりました。

節約モードの状態でアプリを起動しても、2~3秒くらいしか待ち時間はありません。

また、『使っただけ安心プラン』の料金やデータ通信の使用量もひとめで分かるようになっていますから、FREETELと契約したら真っ先に入れておきましょう。

freetel-icon

Android FREETELマイページアプリ
iTunes   FREETELマイページアプリ

FREETELの通話料半額アプリ

このアプリを使って通話するだけで通話料が半額になるし、1分または5分のカケホーダイを申し込んでおけば、このアプリでどんな電話だって無料通話がたのしめます。

マイページアプリから使いたい旨を連絡するだけで、25日までの申込みで翌月の1日からカケホーダイが適用されます。

freetel2

Android FREETELでんわ
iTunes   FREETELでんわ

FREETELの新料金プラン『スマートコミコミ』

『スマートコミコミ』とは。

スマホ本体がいつでも取替えられる『とりかえ~る』+5分かけ放題の『かけ放題』+料金プラン『定額プラン』か『安心プラン』

全部入りの新プランが『スマートコミコミ』なんです。

とりかえ~るってなんなの?

smart-komikomi01

詳しくは『FREETELの魅力』を見ていただきたいのですが、簡単に説明するとFREETELで分割払いで購入すると、半年に一度新しいスマホに交換できるサービスで、紛失意外の故障に対応してくれるので、ふいの落下による故障のときも修理するのではなく、新しいスマホと交換出来るんです。

smart-komikomi02

さらに新機種が登場しても『とりかえ~る』で取りかえる。

何度でも取りかえ出来るから、もしスマホが気に入らなくても半年ガマンすれば新しいスマホと交換できます。

この『とりかえ~る』も他社にはないFREETELの魅力のひとつです。

スマートコミコミの注意点

smart-komikomi04

  • スマートコミコミの最低料金は1,590円だけどデータ通信が100MBしかないプラン
  • 2Gプランとあるが、1Gプランに初年度だけ1Gプラスされて2Gになっている
  • 2年目から料金が上がり、3年目でまた下がるが初年度より高くてデータ通信が1G少なくなる

上記の理由から、最低でも定額プランのデータが3Gのプランを選ぶのがいいと思いますが、月々のデータ使用量が少ない方であれば、使った分だけの『安心プラン』にすれば毎月の通信費も安く抑えられます。

このプランの料金が段階的になっているのが気になるでしょうが、最終的には3,000円未満の料金でスマホを新品に交換し放題だし、電話も5分までならかけ放題だし、FREETELにはデータ通信の繰り越しもあるから、料金さえ納得がいくならひじょうに魅力的なプランだと思います。

MNPでも自宅で簡単、開通手続き

FREETELでは、MNP(電話番号そのままで乗り換える)時に、普通話期間がありません。

また、自宅で簡単に、そしてMNP予約番号が有効な期間であればいつでも切替え可能なのがうれしいところ。

契約者の本人確認も、SIMカードを配達してくれるドラーバーの方に免許証などを見せるだけで終了してしまいます。

本人確認の書類に関してはFREETELのサイトで確認してください。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 日本国パスポート
またWEBからアップロードすることでも本人確認が可能です。

MNP予約番号の取得方法

現在契約している携帯電話会社で、MNP(携帯電話ポータビリティ)を申込んで、『MNP予約番
号』を受け取る。

MNP予約番号を取得するには、キャリアやMVNOのMNP予約窓口からMNP予約番号を取得する。

現在契約している携帯電話会社から発行されたMNP予約番号の有効期間が5日間以上あることを確認する。

詳細はこちら

MNP予約番号開通手続きの流れ

  1. 『MNP予約番号』を用意
  2. FREETELSIMを『MNP』で申し込み
  3. 本人確認審査
  4. FREETEL SIMが手元に届く
  5. 切替えセンターに電話
  6. FREETEL SIMに差し替える
  7. スマホのVPN設定

以上がFREETEL SIMにMNPで乗り換える流れです。

5番の切り替えセンターに電話して、切り替え作業をすると5分ほどで電話がつながるようになり、不通話期間がないのがうれしいです。

 このページの URLをコピーする

-各社比較
-, ,

Copyright© SIM×SimFree , 2018 All Rights Reserved.

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow