各社比較

【LINEモバイル】のポケットWiFiがあればWiMAXは不要!?【ライモバ】

更新日:

 

タブレットやノートパソコンを外で使いたいけど、スマホからのテザリングでは通信制限が心配。。。

持ち運びの出来るポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)を探している方は多いのではないでしょうか?

WiFiルーターと言えばWiMAXですが、WiMAXを契約すると4,000円以上の料金がかかってしまいますが、LINEモバイル+ポケットWiFiでは500円から使うことができますし、5GBのプランでも1,640円で利用できます。

そこでオススメなのが、ライモバのデータSIMを使った格安ルーターでテザリングする方法を紹介します。

 

ポケットWiFiをLINEモバイルで使うメリット

ライモバでポケットWiFiを使うメリットとしては、選べる通信容量の豊富さと、価格、安定した速度でしょう。

WiMAXルーターを持つよりも圧倒的に安い

ライモバのデータ通信専用SIMの契約では、最安プランで500円~で使うことができますが、容量は1GBしかありません。満足に使うなら、コミュニケーションプランで契約しましょう。

一般的なWiMAXの料金が4,000円前後とかなりの値段しますから、ライモバでモバイルWiFiルーターをもつメリットは計り知れません。

しかし、気になるのが通信速度や通信エリアのことでしょうが、LINEモバイルじは、高品質なドコモのLTE通信を使えるから、安定した速度で通信ができます。

格安SIMの中でも通信速度が安定している

MVNOの中でもライモバは、MVNEであるNTTコミュニケーションズから回線提供をうけていて、通信回線自体はドコモ回線になっています。

NTTコミュニケーションズはドコモのLTE回線を使っているから、比較的早い速度を安定して提供し、安心できる信頼性の高いMVNEなんです。

お昼時などの混雑している時間帯では、たしかに通信速度が遅くなってしまいますが、それでも繋がらないと言われているような、MVNOとは比べ物にならない通信速度を保っています。

もちろん混雑しているお昼時などを除けば、平均5~10Mbps(通信速度)も出ていますから、快適にインターネットを楽しむことができます。

LINEモバイルのデータSIMなら違約金がかからない

ライモバのデータSIMなら最低利用期間や、違約金などのもありませんから、WiMAXのような3年縛りに悩まされることなく、お試し感覚で申し込みをしても問題ありません。

もしも、思っていたほどの速度が出ない、繋がらないなどの心配があるなら、お試し感覚で申し込めるのもメリットのひとつだと思います。

 

LINEモバイルでWiFiルーターからカウントフリー機能は使えるか?

これはながらく謎でしたが、知人がWiFiルーターを購入したために、実際に試すチャンスに恵まれました。

結果からいうと。。。。

バッチリOK、できました。

コミュニケーションプランで契約したSIMカードを、モバイルWiFiルーターに挿し込んで、テザリングでiPhoneやAndroidのアプリから、TwitterやLINE、Instagram、Facebookを無料で使えるようになるので、SNSのデータ通信量が多くて悩んでいるかたには、嬉しいニュースなのではないでしょうか?

 

ポケットWiFiをLINEモバイルで使う方法

ライモバでポケットWiFiを使うなら、SIMフリーの端末を購入するしかありません。

とにかく安く始めたいなら、amazonなどでSIMフリー端末を購入してから、ライモバへ申し込むのをオススメしますが、『もしも、設定が上手く出来なかったら。。。』なんて不安があるなら、Amazonなどで売っているAtermのMR05LNを購入すれば、インターネットに接続するための設定を選択するだけでできるから、機械に弱い方でも安心してはじめることができます。

SIMフリーのポケットWiFiを手に入れる

 

評判が良く安いポケットWiFiはAirCard

  • 最大同時接続15台までOK
  • 連続駆動時間は10時間
  • データ使用量メーターで安心管理
  • SIMサイズはmicroSIM

Amazonでの価格は10,600円

1万円前後で購入できるWiFiルーターの中でも評価が高く、連続駆動時間やコンパクトさから人気があります。

Atermのルーターに比べると見劣りしますが、大変優秀なルーターで、基本機能は満足行くレベルなので、買って損はしないです。

しかし、低価格帯のものはどうしても、便利機能の面で見劣りするのも事実ですから、もう少しお金を出してMR05LNを購入するのが良いと思います。

 

1番人気はAtermのMR05LN

  • デュアルSIM対応で2枚のSIMカードが使える
  • APN設定が内蔵されてるから選択するだけで使える
  • 連続駆動14時間
    (Bluetooth®テザリング時:最大約30時間)
  • らくらく無線スタート機能でワンタッチ接続
  • SIMサイズはnanoSIM

Amazonでの価格は14,500円

MR04LNの上位機種で、進化バージョンになります。

こちらのWiFiルーターとMR04LMとでは、価格が1,000円も変わらないので、Amazonで購入するなら断然お得です。

APN設定(インターネットに接続するための設定)も内蔵されているので、WiFiルーターが届いたらLINEのSIMカードを挿して、LINEモバイルのAPNを選ぶだけだから、誰でも簡単に使いはじめることが出来ます。

デュアルSIM対応だから、ライモバのSIMを挿したまま海外旅行などで、海外のプリペイドSIMと切り替えて使うことだって出来ます。

 

少しでも安く高性能がほしいならMR04LNがオススメ

  • デュアルSIM対応で2枚のSIMカードが使える
  • APN設定が内蔵されてるから選択するだけで使える
  • 連続駆動12時間
    (Bluetooth®テザリング時:最大約24時間)
  • らくらく無線スタート機能でワンタッチ接続
  • SIMサイズはmicroSIM

Amazonでの価格は13,722円

MR04LNはMR05LNの下位機種にあたります。

基本性能はMR05LNとほぼおなじですが、やはり下位機種なので、便利な機能が付いてないところが惜しいので、素直にMR05LNを購入した方が良いと思います。

どこが違うかというと、駆動時間が2時間短い、簡単APN設定が無い、SIMカードがmicroSIMあたりでしょうか。

基本性能はほぼ同じなので、少しでも安く高性能な端末が欲しかったら、MR04LNが候補にあがります。

 

まとめ

 

iPhoneやAndroidスマホからテザリングで使うのも良いのですが、普段使っているスマホが通信制限になったら、通勤や普段のネットで困ってしまいますよね。

モバイルWiFiルーターがあれば、通信制限でネットが遅い時や、旅行先、カフェで仕事なんて時にも心強いです。

わが家が買った理由としては、やはり旅行先で使うのと、おじいちゃんの家で子供のiPadを使うのに購入しました。

買う時にWiMAXと迷ったのですが、やはり3年縛りもキツイし、同じ5GBの容量で料金が倍近く違うので、素直にライモバに決めました。

 このページの URLをコピーする

-各社比較

Copyright© SIM×SimFree , 2017 All Rights Reserved.

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow