各社比較

【DSDS】LINEモバイルとg07+とカケホで節約スマホでSNS使い放題【データ+SMS】

更新日:

いきなりですが、g07+の正式名称は『グーマルナナプラス』と呼ぶそうですw

驚愕の事実ですね☆

『ジーゼロナナ』と読みたい気もしますが、置いといて話をすすめましょう。

このg07+ですが、DSDSの格安スマホの決定版だと思います。

 

CDMA2000(au)対応ですべてのSIMが使えるg07+は最高のDSDS端末

ドコモとソフトバンクの3G回線方式(W-CDMA)に対応していたg07の後継機として登場したg07+ですが、すべてのキャリア3G電波で電話を使うことができます。

『DSDSスマホのことは知っていたけど、いま使っているSIMはauだから、使えるDSDSスマホがないんだよね。。。。』

もう大丈夫です。

auのCDMA2000にも対応したg07+であれば、2台持ちを1台にまとめることができます。

 

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDSスマホ)のおさらい

今回、g07+でどんなプランが実現するのでしょう。まずはカケホ+格安SIMで検討してみます。

g07+は3大キャリアのアンテナを掴みますから、3社とも検討はできますが、ソフトバンクのみホワイトプランとなります。

  • ドコモのカケホーダイ(ガラケープラン)+LINEモバイル、コミュニケーションフリープラン(3GB)
    2,200円+1,100円=3,300円
  • auのカケホ(ガラケープラン)+コミュニケーションフリープラン3GB
    2,200円+1,100円=3,300円
  • ソフトバンクのホワイトプラン(ガラケープラン)+コミュニケーションフリープラン3GB
    934円+1,100円=2.034円

ソフトバンクのみ電話先が限定されてしまいますが、低料金なのが魅力に感じるかもしれません。

しかし、この料金なら、LINEモバイルの音声通話SIM3GBプランが1,690円なので、ソフトバンクのホワイトプランで運用するのは少し勿体無いかも?

DSDSスマホとして使うのであれば、ドコモかauのガラケープランで使うようにしてください。

 

g07+で契約するSIMカードそれぞれの大きさは?対応しているサイズ

g07+を検討する時には、ぜひとも覚えておいて欲しいのが、下記の情報です。

  • カケホのSIMカードサイズ→nanoSIM(1番小さいサイズ)
  • データ通信で使うLIMEモバイルのSIMカードサイズ→microSIM(中くらいのサイズ)
  • デュアルSIMで使うと、SDカードが使えない(SIMスロットと共用)

 

g07+はIGZO液晶を採用で、電池持ちも改善

高画質なIGZO液晶を採用で、g07以上の省電力化に成功し、電池持ちも驚くほどに改善しています。

液晶パネルが最新のものにアップデートされた事により、g07で評判の悪かった画面タッチ精度の向上もはかられています。

これは嬉しい改善点ですね。

 

2回線同時待ち受け(DSDS)スマホ+CDMA2000対応+LINEモバイル

CDMA2000に対応したことで、ドコモ・ソフトバンクに続いてauも使えるようになりました。

2枚のSIMカードを同時に待受出来るスマホは、W-CDMAの3G電波に対応したスマホしかありませんでしたが、これでauのSIMカードの3G電波がつかめるから、auのカケホ+LINEモバイルで2台持ちともおさらば出来ます。

 

組み合わせるLINEモバイルのコミュニケーションプランなら主要なSNSが無料

さらに、LINEモバイルのコミュニケーションプランで、Twitter・LINE・Instagram・Facebookが使い放題になるんだから、申し込まないわけにはいきません。

LINEのSNSが無料になるプランはコミュニケーションフリープランと言って、その名の通りLINEなどのSNSアプリが無料で使えます。

しかもオプション料金は0円で、コミュニケーションフリープランを選ぶだけで、その機能を使うことができます。

気になるのがどこまで無料で使えるかと言うことなんですが、それもしっかりと調べてあります。

LINEアプリのカウントフリー対象

LINEアプリのカウントフリー対象

LINEトークでのスタンプや動画、画像のやり取り、通話やビデオ通話も含まれます。さらにタイムラインの画像観覧や動画の投稿など、比較的通信量の多い機能もすべてカウントフリーになっています。

  • スタンプ、着せ替えのダウンロード
  • アカウント設定に関わるご利用
  • 友だち一覧画面の表示、友だち追加
  • 「その他」画面の表示
Twitterアプリのカウントフリー

Twitterアプリのカウントフリー

TL(タイムライン)の表示をするのもカウントフリーなんですが、テキストだけではなく写真・画像・動画も含めたTwitterの機能ほぼすべてがカウントフリーなので、実質データ容量を消費することなく使えます。

  • タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
  • 「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
  • メッセージ機能のご利用
  • プロフィール編集
Instagramのカウントフリー

Instagramのカウントフリー

Instagramは画像投稿アプリなので、とにかくデータ通信量が多いのが特徴なんですが、おどろくことにInstagramもほぼ全ての機能がカウントフリーになっています。

タイムライン・ストーリー・検索・アクティビティ・DM(ダイレクトメッセージ)などの投稿や表示が写真や画像、動画まですべてカウントフリーになっています。

  • タイムラインの画面表示・投稿(画像・動画含みます。)
  • ストーリーの画面表示・投稿(画像・動画含みます。)
  • 検索画面での検索・検索結果表示(画像・動画含みます。)
  • アクティビティの画面表示
  • ダイレクトメッセージのご利用
  • プロフィールの編集
Facebookのカウントフリー

Facebookのカウントフリー

Facebookも同じです。

タイムラインやリクエスト、お知らせなどFacebookの機能がカウントフリーになるので、近況をだれかに知らせたり、友人の投稿にコメントしたりと、ヘビーユーザーならカウントフリーになれば嬉しいんじゃないでしょうか。

  • タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
  • 「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
  • プロフィール編集

 

DSDSスマホとLINEコミュニケーションフリープランがオススメなわけ

格安SIMに乗り換えたくても、通信速度や電波の入り具合が不安ですよね?

格安SIMもドコモやauの設備を使って通信をしているから、電波の入り方は問題ありません。あとは通信速度を試してみて、この速度なら乗り換えしても大丈夫かな?と感じたら、本格的に乗り換えれば良いんです。

あとは、電話を良く使う方は電話代が気になるでしょうし、かと言ってスマホ代を節約したいでしょうから、キャリアSIM+LINEのコミュニケーションフリープランSIMがオススメなんです。

LINEモバイルのデータSIM(SMS付き)なら、最低利用期間が無い(違約金が発生しない)から、お試しにはもってこいです。
また、データ専用SIMに申し込む時には、音声通話SIMで必要な本人確認書類のアップロードが必要ないので、クレジットカードさえあれば、気軽に申し込むことができます。

 

g07+のスペック

g07+のスペック

スペック

  • OS
    AndroidTM6.0 marshmallow
    ※AndroidTM7.0アップデート保証
  • プロセッサ
    MT6750T オクタコア
    Cortex-A53 1.5GHz ×4, 1.0GHz ×4
  • メモリ
    RAM: 3GB Flash ROM: 32GB
  • 画面
    5.5インチ
    フルHD(1920×1080)IPS液晶
  • カメラ
    メインカメラ:1300万画素
    フロントカメラ:800万画素
  • ネットワーク
    ■LTE
    B1(2100) / B3(1800)
    B8(900) / B19(800)
    ■CDMA2000
    BC0(800) / BC6(2000)
    ■W-CDMA
    B1(2100) / B6(800) / B8(900)
    ■GSM
    850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
    サイズ
    (高さ)152×(幅)75.6×(奥行)7.9㎜
    ※突起部は除く
    約150g
  • ドコモのiPhone
  • auのAndroidスマホ
  • サイズ
    (高さ)152×(幅)75.6×(奥行)7.9㎜
    ※突起部は除く
    約150g
  • インターフェース
    カードスロット
    microSD カード×1
    (SDHC/SDXC 対応、最大128G)
  • SIMスロット
    micro SIM ×1
    nano SIM×1
    (DSDS対応)
    ※nano simとmicro SDカードは排他仕様
  • 無線LAN
    IEEE802.11 a/b/g/n準拠
    (2.4GHz / 5Ghz)
  • Bluetooth
    Bluetoot 4.1+HS(High Speed)
  • USB クライアント
    USB Type-C OTG (USB 2.0)端子×1
  • ヘッドフォン端子
    イヤホンマイク端子×1
    (3.5mm ミニジャック)
  • GPS
    GNSS:GPS/GLONASS/A-GPS 対応
  • 電池
    リチウムイオン 電池パック 3,000mAh
 このページの URLをコピーする

-各社比較

Copyright© SIM×SimFree , 2018 All Rights Reserved.

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow