サービス情報

乗り換えて初めて分かるマイネオのメリットとデメリットを紹介しちゃいます

更新日:

格安SIMとか格安スマホと言われているスマホを安く使える会社のひとつ、マイネオ(mineo)ですが実際に使ってみないとわからないことってあると思うんです。

『レビューや口コミ』だけじゃわからなかった『通話料って高いんじゃないの?』『通信速度っておそくないの?』といった、実際に使わないとわからないメリットやデメリットがあります。

 

実際にマイネオを使ってみて今までキャリアで使っていたiPhoneの料金ってなんだったのか?と思える位安く使えているし、思ったほど使いづらくないので参考にしてみてください。

 

マイネオ(mineo)に乗り換えて分かったメリット

 

格安SIMに乗り換えようと思って心配なのが電話する時の通話品質や通信速度のことではないでしょうか?

 

実際に使ってみると意外にそうでもないことに気がつけます。

それではマイネオのメリットについて見てください。

 

マイネオの通信速度はキャリアと大して変わらず普通に満足出来る

 

とかく遅いと言われてしまう格安SIMですが、マイネオならそうでもないんです。

 

やはり昼時には少しおそい感じもしますが、実際には動画を見たりしない限りは普通にネットで検索して調べ物とか出来ちゃいます。

 

お正月などのようにみんなが一斉にメールする時などは別にして、昼間もそんなにおそいと感じることはありません。

 

格安SIMがスタートした頃は昼休みにつながらないことがあったようですが、マイネオ同様ほかの会社も回線を増強しているから今はキャリアと遜色ない通信品質でインターネットを楽しむことができます。

 

電話の音質も思ったより悪くない

 

意外に多いのが電話の音質が悪いってうわさを耳にしますが、わたしが使ってみた範囲ではあまり神経質にならなくても良いんじゃないかな?っていう程度の音質です。

 

キャリアのようにクリアな音ではないですが、口コミなどで目にするようなイメージではないですね。

 

1度使ってみると分かるんですが、少し聞きとりづらいこともあります。それはキャリアも同じことで、電波が弱い所にいくと音が悪くなるのはしょうがないです。

そんなに神経質にならなくてもそんなに音は悪くないですよ。

 

オススメの通話オプションは5分かけ放題

 

格安SIMで心配なのはなにも通信速度や音質だけじゃなく、通話料も気になるところだと思いますが、マイネオだったらLaLaCallアプリも108円で使えるし、アプリに108円の無料通話がついてるから実質無料で通話料が半額になります。

ほかにも楽天でんわも使えるからあまり通話をしない人なら、そんあに心配するほどのことでもありません。

仕事帰りにかえるコールをする程度なら、月に1,000円~1,500円の間くらいで使えます。

もし心配なら30分か60分の通話し放題プランもありますし、今後は5分カケホーダイのプランもでてくるので、かけ放題プランを使えば通話料自体は心配するほどでもありません。

 

  • 30分通話定額 840円 ※30分を超えた分は通常料金(20秒30円)
  • 60分通話定額 1,680円 ※60分を超えた分は通常料金(30秒20円)
  • 5分かけ放題 850円 ※5分まで何度でもかけ放題・5分を超えた分は30秒10円

だって考えてもみてください。ガラケーの頃ってそんなに電話代ってかかってましたか?

2017年3月1日スタートの5分かけ放題がオススメの通話オプションです。

 

マイネ王の『フリータンク』や『データ繰り越し』のおかげで毎月ほんと助かる

 

マイネオの特徴のひとつであるフリータンクのおかげで、パケットがピンチの時にはとっても助かってます。

 

使わなかった月はパケット繰り越しで翌月にパケットを残せるし、逆にピンチの時にはフリータンクから1GBまでなら貰うことができるから、毎月の平均で考えて契約すればめったなことではパケットが足らなくなることはありません。

 

フリータンクでパケットを毎月1GB貰える

 

マイネ王国にあるフリータンクにはみんなが寄付したパケットが入っています。

 

そのパケットを毎月1GB貰うことができちゃうので、ピンチの時にはとても助かります。

 

このフリータンクを使うことで毎月のデータ通信容量の心配なくインターネットが出来るんです。

ただおろすだけじゃなく、しっかりと自分でも入れるようにしないと無くなっちゃうので注意が必要です。

 

フリータンクの注意点

 

フリータンクはマイネオユーザーどうしの助け合いのシステムだから、自分のことしか考えていない1部の人のように『毎月タダで使えるんだからいいじゃん』などと言っていると、フリータンクのパケットが無くなるかもしれません。

 

最近もパケット容量が3TBを切る事件もありましたし、元々は20TB位入っていたにもかかわらず無くなりそうになるってことは、入れるよりも出す人のほうが圧倒的に多いことになります。

フリータンクの運営はマイネオユーザーの銭に寄って成り立っているので、出すだけじゃなく余った時にはしっかりと入れてあげてください。

 

データ繰り越しでパケットを繰り越せる(裏技解説)

 

このシステムは余ったパケット容量を翌月に繰り越すことができるシステムで、このおかげで『次の月は旅行に行くからデータ量が心配だなぁ』って時には、節約して使えば翌月に繰り越すことが出来ちゃいます。

 

プラン変更で繰り越せるパケットを調整できる裏技

 

マイネオでは使っている月の25日までに申し込めば、データ通信の容量変更が出来るので、来月はあまり使わないからと契約容量の変更ができちゃうのはマイネオだけなんです。

 

この容量変更を上手く使ってパケットの節約だって出来ちゃうんです。

 

例えば平均4GBあればパケット容量が足りるのであれば、今月は3GBプランで運用して来月は5GBプランで運用なんてことが出来ちゃうのがマイネオなんです。

 

ユーザーの利便性を考えた結果の容量変更サービスなようです。

 

もし契約容量を変更するなら、毎月25日までにマイページより手続きしてください。

 

パケットギフトで無限繰り越しが出来る?

 

パケットギフトという、誰にでも持っているパケット容量を、分けてあげられる機能があり、このパケットギフトでプレゼントしたパケット容量は、翌月まで繰り越すことが出来ます。

 

たとえば今月2GB余ったか来月2GB多く使えますが、その2GBは翌々月には繰り越せません。

 

そこでパケットギフトの登場です。

この繰り越した2GBをパケットギフト機能を使って、1回他の人にあげた後に再度パケットを送ってもらうと、なんとまた繰り越せるパケットに早変わりしてしまいます。

 

これがパケットの無限繰り越しの裏技になります。

 

もしも誰とも交換出来なくてもこの技はひとりでも使うことが出来ちゃいます。

 

そのさいの注意点としては同一eoID(マイネオでのアカウント)どうしでは、パケットギフトをすることが出来ません。

もしも無限繰り越しの技を1人で使いたい場合には、別のeoIDで2枚めのSIMカードを契約するようにしてください。

 

マイネオ(mineo)に乗り換えて分かったデメリット

 

いい所ばかり書いてもしょうが無いので、悪い所もしっかりとレビューしたいと思いますが、メリットを考えるとそんなに悪いことでもない気がします。

 

実際、通話品質はたしかに悪いかも

 

どうしてもキャリアと比べてしまうと通話品質はおとります。

 

これはどこの格安SIMを選んでもおなじことで、キャリアにくらべると音がこもったり聞き取りづらい場面も出てきます。

しかしそんなに目くじらを立てなくてもいいくらいの通話品質はたもっていますから、よほど神経質じゃなければ大丈夫です。

 

楽天でんわ・LaLaCallアプリを使わないと通話料にびっくり

 

メリットのところでも書きましたが、基本の通話料は30秒20円です。

 

この通話料金をおさえようと思ったらマイネオでは2つの方法しかありません。

 

090ではじまる電話番号で通知したい場合は楽天でんわを使う方法があり,楽天でんわを使うと30秒10円で通話できるのでいkなり通話量が半額になってしまいます。

 

しかし楽天でんわは別途クレジットカードを登録して使わなければならないので、少しめんどくさいです。

 

もし050発信で問題ないならLaLaCallアプリをオススメします。

このLaLaCallアプリの使用量は100円かかりますが、マイネオのeoIDで無料通話分が100円貰えるので実質無料で使えちゃいます。

LaLaCallなら1分18円で通話できちゃうから、普通にかける場合の半額以下ですみます。

 

楽天でんわとLaLaCallを上手く使えば、デメリットである通話料も、なんだか大したことないように、に感じませんか?

 

VoLTEのスマホはSIMロックを解除してからじゃないと使えない

 

LTE通信では普通はでんわができないんですが、VoLTEという通信方式を使えるスマホだとLTEで通話が出来るんです。

 

しかし、auのVoLTEスマホの場合にはSIMロックを解除しないとマイネオでは使えません。

 

もし現在VoLTE端末を使っているなら、確実にSIMロックを解除してからMNPなり新規なりで乗り換えるようにしてください。

 

ソフトバンクのスマホはSIMロックを解除しないと使えない

 

ソフトバンクで販売されているAndroidとiPhoneにかんしては、SIMロックを解除しないと全面的に使うことができません。

 

2017年の夏頃から、総務省のお達しで格安SIMへのSIMロックが禁止されますが、それまで販売されていたスマホにかんしては、ロック解除しないと使えませんので注意が必要です。

 

iPhoneのテザリングが出来なくなる(Aプラン)

 

auのiPhoneではそのままではテザリング(iPhoneのデータ通信を使ってノートパソコンなどでインターネットをすること)ができなくなりました。

 

ドコモのiPhoneなら普通にテザリング出来るのですが、なんでか知りませんがauのiPhoneではテザリングが出来ないようなんです。

 

しかしなんだか裏技的な方法があるようなので、今後試してみてテザリングが出来るようなら追記していきたいと思います。

 

auのiPhoneも、SIMロックを解除して、SIMフリー化すればテザリングで使えます。 (マイネオのサポートに確認済み)

格安SIM全般に言えるけど、本人認証が出来なくなる

 

今まではキャリアメールでいろいろな所に登録をしていましたが、そのことをうっかり忘れていて様々なサービスにアクセス出来なくなってしまいました。

 

もしもこれからマイネオに乗り換える方がいるのであれば、先にGmailを取って登録しているアカウントのメールアドレスを変更してからマイネオに乗り換えることをオススメしています。

 

最後に

 

ざっと思いつく限り書いてみましたが、今後また不具合や使っていて便利なことがあればずいじ追記していきますので参考になさてください。

 このページの URLをコピーする

-サービス情報
-, , , , ,

Copyright© SIM×SimFree , 2017 All Rights Reserved.

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow